思想と現代 特集:いま、大学とは学問とは 第17号 - 唯物論研究協会

唯物論研究協会 思想と現代 大学とは学問とは

Add: fykecol62 - Date: 2020-12-17 00:17:17 - Views: 7740 - Clicks: 9622

10)p193~261 佐々木は東京大学教員。1947年生。 先頭へ 目次へ. 「三つの持続可能性に対して環境思想は何ができるのか ― 持続可能性への社会哲学・社会理論の役割」(仮) 上柿 崇英 (東京農工大学非常勤講師) 2. 唯物論研究協会 編集 『思想と現代』 白石書店刊 総目次. しかし、宗教改革で「良心の自由」「思想の自由」、17世紀「科学革命」で「哲学する自由」「思索する自由」が次第に普及した。 「学問の自由(自律)」と「大学の自治(固有自治)」は「純粋な学問」論の立場から主張された。. 37-56, 一橋大学大学院社会学研究科,.

1996年3月26日『化学史研究』(第23巻、第1号) 書評:笹本征男『米軍占領下の原爆調査』(新幹社、1995年) 1996年10月20日『現代思想史研究会通信』第2号 論文:ブラジル日系移民探訪. 日程: 年9 月30 日(土) 場所:東京成徳大学東京キャンパス 4号館3階4305教室 内容: 13:10~ 会員総会 13:50~16:30 講演会 講演 池内了(総合研究大学院大学名誉教授、名古屋大学名誉教授) 「戦争は最大の環境破壊である--軍学共同と環境問題--」. Amazonで唯物論研究協会の思想と現代 第17号 特集:いま、大学とは学問とは。アマゾンならポイント還元本が多数。唯物論研究協会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 巻頭言; 上智大学グリーフケア研究所編『グリーフケア』第6号:. 日時: 年02月20日 (土曜日) 13:00~17:40 場所: 東京農工大学農学部 2号館1階多目的講義室 (N-103) 講演: 「中国の農村生態と農業の持続可能な発展 ― エコロジー文明の観点から」孫 偉平氏 (中国社会科学院副所長) 報告: 1. 「共有するもののない他者とのコミュニケーション」吉田 健彦 (東京農工大学大学院博士課程). 安冨歩 「満洲国の経済開発と国内資金流動」 『中国現代史研究会通信』 第2巻 第60号 中国現代史研究会 (1993. 』が約束する未来」『美術フォーラム21』第27号(特集:ポスターの視覚文化論)、醍醐書房、112-118; 年10月 「フジヤマの両義性――地理学とピクチャレスク」『現代思想』第41巻14号(特集「富士山と日本人――自然・文化・信仰」)、青土社、132-142.

「国際関係論における国家主権概念の再検討-両大戦間期の法の支配の思潮と政治的現実主義の登場」、『思想』(特集:「帝国・戦争・平和」)、 No. 日時: 年11月13日 (土曜日) 13:00~17:45 場所: 第2講義棟4階の視聴覚教室 講演: 「日本の公害 ― その歴史的教訓と課題」 宮本 憲一氏 (元滋賀大学学長、大阪市立大学名誉教授、滋賀大学名誉教授) 報告: 1. ミルの展望──アソシエーション論の変遷と. 日程: 年11月30日(土) 場所: 東京農工大学 農学部 第一講義棟 2階 24号教室 講演: 桑子敏雄(東京工業大学大学院教授) 「環境哲学と環境倫理−哲学の実践と理論」 → 会員によるレビューはこちら. 660 石井伸男『マルクスにおけるヘーゲル問題』御茶の水書房、年。 661 森 宏一『唯物論と経験批判論の学習』新日本新書(280)、1980年。 662 社会政策学会編『雇用関係の変貌』(社会政策学会誌第9号)、法律文化社、年。. 日時: 年9 月29 日、30 日 場所: 弘前大学 文京町キャンパス 教育学部1階 大教室(9 月29 日) 教育学部1階 大教室、中教室(9 月30 日) 主催:環境思想・教育研究会 後援:総合人間学会、青森県国民教育研究所、青森県教育委員会、 弘前市教育委員会、地理歴史教育研究会 ▼ シンポジウム「環境思想から原発震災を考える」(9 月29 日) 基調講演: 戸田清(長崎大学環境科学部教授) パネルディスカッション: オプヒュルス・鹿島・ライノルト(上智大学外国語学部教授) 吉永明弘(江戸川大学社会学部講師) 大坪正一(弘前大学教育学部教授) 司会:尾関周二(東京農工大学名誉教授)、小原由美子(東京成徳大学教授) ▼ 環境教育特別セミナー「青森の自然を書(描)く――ネイチャーライティングの授業への導入の可能性をさぐる」(9 月30 日) 報告1: 野田研一(立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科) 「ネイチャーライティングの魅力と可能性――太宰治にふれつつ」 報告2: 上條勝芳(村次郎の会) 「郷里の自然と風物を愛した詩人・村次郎」 報告3: 中村剛之(弘前大学白神自然環境研究所付属白神自然観察園) 「自然の変化をどう見るか――白神自然観察園の実践より」 実践報告: 村田孝嗣(ひろさき環境パートナーシップ21) 「だんぶり池の自然再生事業」 総合討論: 「ネイチャーライティングの授業への導入の可能性をさぐる」 コーディネーター:藤公晴 (青森大学大学院環境科学研究科) ▼ 個人研究発表(9 月30 日) 山本剛史(慶應義塾大学非常勤講師) 「ヨナスの経済学批判と責任の倫理学」 増田敬祐(東京農工大学博士特別研究生) 「近代的『人格』概念と社会的結合――アソシエーションの原理的検討」 林田朋幸(東京農工大学大学院) 「多層的な住民自治組織に関する研究 ――三重県松阪市波瀬地区の波瀬むらづくり協議会を事例として」 関陽子(東洋大学エコ・フィロソフィ学際研究イニシアティブ) 「鯨類捕獲調査の科学合理性について」 ▼ フォーラム「安藤昌益のふるさと青森から〈農〉の復権を考える」(9 月30 日) 福井朗子(東京家政大学非常勤講師) 「共生持続社会構築にむけて――安藤昌益の思想から考える」 市原あかね(金沢大学経済学部教授) 「場所性、生命性、世界.

これらの研究成果は、まずは『ドイツ応用倫理学研究』に掲載して公表したが(第2号まで公刊済み)、第一年度の平成19年度以降各年度に開催されたワークショップやシンポジウムの研究発表をもとにして論文集を編纂して差しあたりドイツで公刊予定. 10 ・「吉見裁判とその支援運動」『戦争責任研究』 通巻86号, 日本の戦争責任資料センター,. 日程: 年11月26日、27日 場所: 東京経済大学(11月26日) 東京農工大学(11月27日) ▼環境思想フォーラム(11月26日) 「科学技術をめぐる現代の課題」 「生産活動における科学・技術の包摂と相対的分化」佐野正博(明治大学) 「これからの環境教育の在り方を問う―科学技術は「環境」をどのように変えていくのか」 吉田健彦(東京家政大学) 「〈農〉と科学技術―緑の革命と遺伝子組み換え作物から考える」 大倉 茂(立教大学) 司会進行:増田敬祐(茨城大学)、布施 元(東京家政大学) ▼シンポジウム(11月26日) 「原発安全神話と科学技術の問い直し―原発避難の現実から考える」 ▽基調報告 「チェルノブイリ原発事故と『避難者の権利』」 尾松 亮(関西学院大学災害復興制度研究所) ▽特別発言 「福島第一原発事故・母子避難の苦悩」 吉田 千亜(ジャーナリスト) ▽パネルディスカッション 「避難者の原発事故・汚染認識と避難の決断」 早尾 貴紀(東京経済大学) 思想と現代 特集:いま、大学とは学問とは 第17号 - 唯物論研究協会 「被ばくの健康リスクをめぐるディスコミュニケーションと住民運動」 山川 幸生(東京災害支援ネット) 「なぜ『変わらない』ようにみえるのか?――原子力関連施設立地地域の調査からみ えてきたこと」 澤 佳成(東京農工大学) 司会:関 陽子(長崎大学)、コーディネーター:尾崎 寛直(東京経済大学) ▼個人研究報告(11月27日) 「〈未来可能性〉概念の思想的前史の整理および概念分析」 太田 和彦(総合地球環境学研究所) 「ネスのエコソフィをスピノザから読み解く」 浦田(東方)沙由理(立教女学院短期大学) 「デジタルメディアは生命の畏怖を伝え得るのか―情報化時代におけるアケイロポイエトスの可能性について」 吉田 健彦(東京家政大学) 「石牟礼道子における近代批判の思想——水俣病三部作の読解を中心として」 間庭 大祐(立命館大学) ▼座談会「これまでの研究会誌・大会を振り返る―研究会の発展に向けて」(11月27日) コーディネーター:布施元(東京家政大学). 「〈共〉の思想の現代的可能性(仮)」布施 元 (東京農工大学大学院博士課程). 教室内に越境的交流を持ち込む教員の役割と学生の省察可能性:ヴィゴツキー論を視点として(参加者企画セッション『省察活動の効果的導入に関する研究の現在), 第22回大学教育研究フォーラム発表論文集pp. 『季報唯物論研究』第144号〈特集 明治維新150年 日本近現代史を問い直す〉 / 38-45 (年) 査読 無 国際共著論文 該当しない 責任著者・共著者の別 責任著者 8. 公益財団法人 中村元東方研究所は、インド哲学・仏教学者の中村元が「東洋思想の研究およびその成果の普及」のために創設した研究所であり、学歴・年齢・国籍を問わず誰でも学べる「寺子屋」として、東方学院をひらいています。. 著書 東日本大震災と知の役割 (共著) /03: 5.

芸術新潮 年2月号 特集 ワビサビなんてぶっ飛ばせ! バロック王国ニッポン ガイド:小野一郎、山口由美、長井和博編、新潮社、 1. 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。) 当サービスは予約で. 日程: 年11月8日(日) 場所: 東京農工大学 農学部 第一講義棟 1階 16号教室 講演会「食とイデオロギー」 基調講演 藤原 辰史 (京都大学人文科学研究所 准教授) (単著『ナチスのキッチン』水声社、『ナチス・ドイツの有機農業』柏書房、ほか多数) パネルディスカッション パネル講演:河上 睦子 (相模女子大学 名誉教授) (最新刊『いま、なぜ食の思想か』社会評論社、ほか多数) コメンテーター兼コーディネーター: 関 陽子 (長崎大学 准教授). 945 、 年 1 月号、 86-103 頁。.

著書 体制擁護と変革の思想 〔中央大学社会科学研究所・研究叢書10〕 (共著) /03: 4. 革命思想の系譜学 〔中央大学社会科学研究所・研究叢書4〕 (共著) 1996/07: 3. ・「日露戦争下における朝鮮東北部の「軍政」」『一橋社会科学』 第8巻第号, p. 張公権 「通貨の螺旋階段-中国インフレーション史1939〜1950(5)」 安冨歩 訳 『中国現代史研究会通信』 第2巻 第59号 中国現代史研究会 (1992. 浜渦辰二 終末期医療と安楽死─ケアの人間学からのアプローチ─ ,唯物論研究協会第29回研究大会,年10月22日,静岡大学教育学部. 浜渦辰二 ケアのゆくえ:倫理と法を越えて,平成18年度静岡大学公開講座「対人援助の倫理と法」,年11月29日,静岡. 「福沢諭吉の学問思想 ―丸山眞男を超えて」 『学問論 ―ポストモダニズムに抗して』 (東京大学出版会、1997.

思想と現代 特集:いま、大学とは学問とは 第17号 - 唯物論研究協会 日程: 年9月20日、21日 場所: 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス ▼シンポジウム 「“いのち”、環境、科学文明から考える―生命哲学と環境哲学―」 基調講演 「人間と自然のつながりを再考する」 森岡正博 (大阪府立大学) 報告者 「環境といのちを守るために」 河野勝彦 (京都産業大学) 「生きものへの知的好奇心はどこに向かうべきか―「文化的道具としての動物園」利用観」 並木美砂子 (帝京科学大学) 「走る身体と『自然』――近年のランニング・ブームから考える」 福田珠巳 (大阪府立大学) ▼一般研究発表 小会場A 「統合学としての新しい環境学の構築に向けて――ケン・ウィルバーの統合的アプローチの水環境問題への応用」 秋山知宏(東京大学助教) 「自然観と『無痛文明論』的視座」 吉田哲郎(桐蔭横浜大学非常勤講師) 「記憶と記録――インターネットに苦痛と他者は存在し得るのか」 吉田健彦(東京家政大学非常勤講師) 「『菜園家族』創出の歴史的意義――資本の自己増殖運動の側面から」 伊藤恵子(大阪大学・立命館大学非常勤講師) 小会場B 「擬人化による自然理解:共感、代弁、憎悪」 熊坂元大(徳島大学) ワークショップ「身体・場所・正義」 吉永明弘(江戸川大学)/山本剛史(慶應義塾大学) 提題1:「場所」(すみか)を不当に奪われることに対する憤り(吉永明弘) 提題2:未来倫理における「身体」と「時間」(山本剛史) ▼学生フォーラム 「身近な人間関係の変化と持続可能性」(大阪府立大学の学生の皆さん) ▼フォーラム「将来社会を〈農〉と環境から構想する」 「近代超克への構想――「菜園家族」基調の自然循環型共生社会への道」 小貫 雅男 (滋賀県立大学名誉教授) 「持続可能な共生社会のビジョン――食・農・環境、私・公・共の視点から」 古沢 広祐 (國學院大学) 「〈農〉的自然体験の教育的意義」――自然学校運動の実践から 野田 恵 (東京農工大学非常勤講師). 【日程】年9月16日(日) 【場所】津田塾大学小平キャンパス 【参加費】一般1000円、学生500円 【時間・内容】 09:30-11:30 個人研究報告・ワークショップ 〈個人研究報告〉 09:30-10:25 吉田健彦(東京家政大学) 「民主主義と身体」 10:35-11:30 下條敬介(長崎大学・院) 「ディープエコロジーの認識論――G.ベイトソンの思索を手がかりとして」 〈ワークショップ〉 09:30-11:30 「佐賀市の取り組みとエコトピアの思想」 提題者1:吉永明弘(江戸川大学)「バイオマス都市・佐賀市の取り組み」 提題者2:加藤まさみ(M&Kアソシエーツ)「大都市の現状とエコトピアの思想」 12:30-12:55 総会 13:00-17:00 シンポジウム 「近代日本150年と環境思想——1868、1968、そしてこれから」 司会:穴見愼一(立教大学)、大倉茂(東京農工大学) 報告者1:三浦永光(津田塾大学・名誉教授) 「日本の近・現代の歩みと環境問題」(仮題) 報告者2:三俣学(兵庫県立大学) 「コモンズ論の思想的展開と自然アクセス制の考え方」(仮題) 報告者3:小野一(工学院大学) 「エコロジー運動と環境政策の再検討のための視点 ——ドイツ緑の党はどのようなものでは「ない」のか」(仮題). 詳しくは歴史科学協議会のホームページをご覧ください。小生がなんとか紹介できるもののみ紹介していきます。正直、俺にとって内容が十分には理解できず、いい加減な紹介しか出来ない部分が多いですが。 特集「歴史科学大系の完結に当たって」 「歴史科学大系」とは歴史科学協議会編で. 吉田民人:大文字の第2次科学革命-〈物質エネルギーと法則〉から〈情報とプログラム〉へ-,第3巻,第11 号,1998.

See full list on enviro-thought. 1)20世紀に外延的に同値された神学的-哲学的概念としての「尊厳」と政治的概念としての「権利」は内包的に同一ではないということ。また、「価値」は比較考量可能であるのに対し、「尊厳」は比較考量不可であるということ。2)倫理的に中立であるとされたiPS細胞研究も結局は共犯可能性を. 中島隆博 「涙を流す瞬間--時間の超越論的エコノミーについて、ジャック・デリダとともに (総特集 現象学--知と生命) -- (現象学の転回)」 『現代思想』 第29巻 第17号 青土社 (. 04; 教養人の手帖、現代教養文庫編、社会思想研究会出版部、1961 1.

【tsutaya オンラインショッピング】思想と現代 特集:いま、大学とは学問とは 第17号/唯物論研究協会 tポイントが使える. 日時: 年10 月1 日(土) 場所: 東京農工大学 農学部 2 号館1 階 多目的教室(2N-103) 主催:環境思想・教育研究会 後援:韓国環境哲学会、総合人間学会、共生社会システム学会 報告: 水野邦彦(北海学園大学 教授、環境思想・教育研究会 国際交流委員長) 「韓国環境思想の意義と特徴――日本との対比を考慮しつつ」 講演Ⅰ: 韓勉熙(緑色大学校 教授、韓国環境哲学会 会長) 「DMZ と平和、東アジアの環境倫理郎」 通訳:功能大輔 講演Ⅱ: 徐旺鎭(環境正義研究所 所長、前 ソウル大学校 研究教授) 「韓国エネルギー政策のパラダイムシフトの必要性 ――原子力リスクと気候変動/エネルギー危機に対処するために」 通訳:元鍾彬(東京女学館大学(非)). See full list on weblio. ) (第6回総合学術文化学会・学術研究会、年3月13日、亜細亜大学). 日本労使関係研究協会 jilとの深い関係、国際関係で最強(iira加盟用に設立した学会?) 設立とiira加盟68 社団化81 自由論題設定95 学術会議登録第17期(96)より 会員約330(01.

専攻は表象文化論。 東京大学文学部仏語仏文科を卒業後、同大学院を経て、パリ大学で博士号を得る。第26代東京大学総長(1997年-年)。父は美術史学者・蓮實重康。身長182cm. 東京都 三鷹市出身。 学部時代の専攻分科の名称は科学史・科学哲学 、大学院時代の専攻分科の名称は超域文化科学分科であり 、「現代思想コース」(哲学、フランス現代思想)あるいは「表象文化論コース」に在籍したと推測され 、小林康夫 (表象文化論、現代哲学、フランス現代文学. 小沢佳史(おざわ よしふみ)1985 年生まれ 九州産業大学経済学部経済学科講師 経済学史・社会思想史専攻 博士(経済学) • 主要業績 『権利の哲学入門』(共著、社会評論社、 年)、「停止状態に関するj.

「アルド・レオポルドの思想成熟過程をたどって ― 実践が生み出す科学と倫理の融合として(仮)」岩崎 茜 (一橋大学大学院博士課程) 2. 研究会報告記録「大統領選後のポーランド」 『明治学院大学法律科学研究所年報』第7号、1991年 研究会報告記録「マゾヴィェツキ政権下のポーランド――議会 ・所有 ・労働」 東京大学社会科学研究所中ソ比較研究会 『社会主義体制の改革と危機』 1990年. 市田良彦・王寺賢太編『現代思想と政治 –資本主義・精神分析・哲学』平凡社, 年1月22日, 624頁: 王寺 賢太 思想と六八年・思想と現在 (書評小特集 市田良彦・王寺賢太編『現代思想と政治 –資本主義・精神分析・哲学』) 檜垣 立哉.

思想と現代 特集:いま、大学とは学問とは 第17号 - 唯物論研究協会

email: epykumi@gmail.com - phone:(395) 308-3181 x 8518

大人の“かくれ発達障害”が増えている - 岩橋和彦 - 農業新時代への農政対応 飯島源次郎

-> 三重県公立高校 過去10ヶ年分 入試問題集 社会 平成23年
-> 豊田家紡織事業の経営史 - 山崎広明

思想と現代 特集:いま、大学とは学問とは 第17号 - 唯物論研究協会 - 日本EC学会年報 日本EC学会 ECの通商政策と通商法


Sitemap 1

父は遺書を書くことなしに - 松井潤 - スーパートレーニング 公務員試験 要点整理 TAC公務員試験対策チーム